上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウシさんは秩父の山で林業をしている。
自分の家とは違い、林業の会社に勤めている。

奥さんのノブさんと双子の娘に囲まれながら、夕食をごちそうになった。
山の奥の沢の横に、数件の別荘があり、そのうちのひとつに家族が住んでいる。
ふだん、周りの別荘には誰も住んでおらず、大変静かな環境だ。

薪ストーブの暖かさと、ノブさんの作った料理が心も体も癒してくれた。
野菜中心の料理は、久しぶりでとてもうれしかった。

ウシさんと山の話を、ノブさんとはヘルパーの話をした。
時間はあっという間に過ぎた。

翌朝、ウシさんは早くから仕事に行き、
その後ノブさんに駅まで送ってもらった。
1204みなの
時間は短かったけど、みんなに会えてよかった。

お別れがつらかった。


その後、
春日部のヤスさんの家に向かった。

途中、東武動物園に行った。
1204東武
が、荷物は重いし、時間もあまりなかったし、入場料も高かったので、中には入らなかった(^^;)

横にある小学校がすばらしく立派な建物であった。
1204学校
このような地域はたいがい、図書館も立派であることが多い。

案の定、小学校の近くに図書館があり、環境が充実していた。
活字に少し飢えていたので、たくさん雑誌に触れてきた。


春日部に着くと、ヤスさんと娘が迎えにきてくれた。
家に着くと、奥さんのマリさんが優しく迎えてくれた。
マリさんとは初対面だった。
正直、「ヤスさんいい人見つけたねえ。」と感心してしまった。

日が暮れるまでの1時間ほど、ヤスさんと物置コンテナの改装を手伝った。

夜は、マリさんの手料理をごちそうになった。
昨晩に引き続き、おいしく、心もお腹も一杯になる料理だった。

夕食後、ヤスさんと近くの焼鳥屋に行った。
こっちは笑っちゃうぐらい「ハズレ」な店だった。
ちょっとハズレだと「金と時間の無駄」を惜しんでしまうが、ここまで「ハズレ」だと経験としてはアリだと思った。
ま、ヤスさんも2度とは行かないと思うけど・・・(^_^;)

帰ってからもたくさん、お話をした。


翌朝、ヤスさん家族に駅まで送ってもらった。
また、短い時間だったけど、別れが惜しくて悲しかった。



ウシさんヤスさん家族にはとてもお世話になった。
ウシさんとは13年ぶり?ヤスさんとは10年ぶり?
に会ったのではないのだろうか。

ふた家族とも、笑顔が絶えず明るかった。
現代社会の家庭にないものがあって、余計なものはない。

幸せへの価値観は、人それぞれ違うものだけど、
欲深さが幸福感を阻害するのではないかと、考えた。


自分の考えや生活が、世俗の欲でまみれているような感じがした。




本当に大切なものって、なんだろう。
自分の今まですごした時間って何だったんだろう。

家を出てからたくさん考えた。


大きく変化することはないだろうけれど、
この17日間は無駄ではなかったと思う。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/651-01e3704a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。