上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.22 母島生活1
20日、父島から2時間30分船に揺られて母島に到着。
1120haha1

私のAuは使えないものの、ドコモは使えるらしい。
さすが、元電電公社、利益度外視ですねぇ・・・


宿泊先は母島のユースホステル。

ユースホステルといえば、旅行者が集まり、現地の情報を交換して、にぎやかに会話して…
1119haha2
なんてことは全く無縁の、10人ほどの宿泊客のうち、観光目的は自分と女性の2人だけ。
みんな閑散期に行われる公共事業等で本土から働きに来ている人達ばかり。
不謹慎で「観光でお勧めは?」なんて聞けやしない。

海、島全体を通して観光客をほとんど見ない。

みんなとってもまじめに働いていらっしゃるのです。


さて、20日は夕方到着。雨が降っていたが、夜には止み、島に3件ある商店に行っきました。
船が来る日には、いっぺんに物資が届くため、店は大繁盛。
1119haha3
外には行列ができていました。

その後、宿舎に帰り、NTT関係のお仕事をされている皆さんと少しお話をしました。
母島に海底ケーブルを引くために、大がかりな事業がおこなわれているようです。
現場指示をする方、ダイバーの方、機械関係、と様々な技術者がおり、なかなか興味深いお話もきけました。
ただし、みんな仕事なのか、それほど口数は多くありません。

21日、母島最高峰の乳房山に登りました。
ハイキング程度なのですが、風が場所によっては強く、高所の苦手な自分はビビりまくっていました。
1119haha4
雨が降っては止み、の繰り返しでずぶぬれです。
海岸にも行き、

戦時中の施設跡も見ました。
この場所では写真の専門学校生がたくさんいて写真を撮っていました。
私はなんだか、神聖な雰囲気がして、おチャラけた気分の自分が写真を撮るのは…と気が引けて撮影しておりません。

硫黄島と違って、戦時中は激戦が行われたわけではなさそうですが、特別な雰囲気がありました。


さてさて、22日、朝から役場にある観光客が唯一使えるインターネットでブログを更新しております。
ただし、1時間200円ながら、恐ろしく速度が遅い。


誰も泳いでいない海、今日は勇気を出して泳ごうか?
1119haha5
やっぱり南国という雰囲気はどこでもあります。

島の匂いが、植物園の音質の匂いなんですねぇ。。


明日は祝日役所は休み。
ブログの更新はきっと24日になることでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/639-edc0e38d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。