上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.14 迎え火
連日の大雨で池には水が溜まっていた。
0813ike
だいたい一日で池の水はなくなってしまう。


お盆初日と言うこともあり、実家で準備等をした。

午前は、お供えの台を制作するため、父と共に竹を取り、加工した。
この地方の風習かどうかは知らない。
すべて手作りで行う。
作ったものはこういうもの。
0813dai1
そこに里芋、お米、茄子の牛などをお供えする。
本当はキュウリの馬ではないか?とも言われている。
0913dai2

その後、送り火、迎え火のたいまつの用意をした。
松明の材料は松の根と決まっている。
0813taimatu1
これを細かく割り、縛って松明にする。
0813taimatu2
この松明は送り火等に使う。

今日の迎え火は一つだけ。
0813mukae
迎え火の周りではしゃぐ現地人(甥と姪)

午後は、墓参りに行った。
その後、廃校になった小学校に立ち寄る。

たった4ヶ月で草が浸食していた。
0813koutei

その後、足の発疹が治らない甥を病院に連れて行く。
結果「とびひ」ということが発覚。

他の子供に伝染しないことを祈ります。


そこそこ働いた1日だった。
やることがはっきりしていることはいいことだと思う。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/546-67a68d5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。