上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.05 秘密
東野圭吾の「秘密」を読んだ。
0804ひみつ
もともと読書は嫌いではない。
しかし、まともに読書したのは1年ぶりだ。
読書は時間のゆとりのバロメーター。
そして、気持ちの変化やゆとりが関わる。

「東野圭吾」の作品好きです。
でも、恥ずかしながらそんなにたくさん読んではいない。
「秘密」が出世作と言われていることも知らなかったし、映画化されたことも知らなかった。

ぐいぐいのめり込む。
痛いほど主人公の気持ちにリンクする。
6時間ぐらいぶっ通しで読んでしまった。

おもしろい。

おもしろいよ。

どきどきしたよ。

泣きそうになったよ。


でも、
このやりきれなさは何なんだ?

「いま、会いにゆきます」と「転校生」を足して2で割った感じ?
いや、もっとモヤモヤしている。
娘が結婚する章は読みたくなかった。

ハッピーエンドが好きなんだな、私は。
切ないよ。

気持ちが落ちてる時だから、余計に切なくなってしまうぅ・・・

これだけ感情を揺さぶる作品なのだから、
自分にとっては名作のひとつに間違いありません。

結論
でも、はっきり言って嫌い。

でもでも、今日という一日は大好き。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/539-77d95f17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。