上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.01 最後の発表会
日曜日は母校(小学校)の最後の学習発表会だった。
何度も言っているように今年度で廃校になるからです。

同級生のナオ、タケボン、ハッカ、アッコと参観した。
アッコは地元に残っている数少ない人で、保護者でもある。
廃校になる学校を脚本した劇を見て、そのときは何も思わなかった。
0131geki
だが、今日、複雑な思いでいっぱいだ。

15年前、ある地域のお年寄りから小学校が廃校になることの寂しさを聞いた。
最後は生徒2人だったそうだ。
それでも、運動会があり、地元の人が集まり、子供に声援を送った。
いまいちそのときは、お年寄りの気持ちがわからなかった。

今は、お年寄りの気持ちがわかる。

学校がなくなるということは、朝、子供の声が道で聞こえなくなるということ。
学校へ行くときや帰りに、道草をする人がなくなるということ。
イメージは軍艦島みたい。

タケボンは劇を見ず、一点を見つめていた。
タケボンもナオも自分も代々伝わる家系の長男。
でも、街に出てしまった。

心の中に、廃校になったのは自分たちが故郷を去ったから・・・
という感情がある。

そして、みんな思う。
みんな学校が好きだったんだ。

600年以上 
子供たちを見てきた大木は
何を思っているのだろう。
0131ityo


追伸

お酒家で飲んでしまいました。
勉強もほとんどしてません。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/409-b9eadbfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。