上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は午後から「きこり」生活してきました。
仕事内容は、
woodskin
間伐(まびき)した木の皮を剥ぐというもの。

樹齢20数年の杉の木は切り倒してそのまま捨ててしまうのですが、
地元の林間学校から受注があったそうです。

本来ならそれほど大変な仕事ではありません。が、
大変だった。足腰疲労蓄積。
理由は「力王たび」というはきものを忘れてきたから。
この「力王足袋」なるものは靴底にびっしりスパイクが出ているもの。
アスファルトなどの上を歩くときは不快こと上ありませんが、山では威力を発揮します。

結構斜面がきつく昨晩は雨で滑りやすいのに、渋々靴底ぺろぺろのタウンシューズでやりました。
結果、何度滑ったことか。全身汗だく。踏ん張るだけで手に力が入らない。

先人の知恵は大切にしなきゃね。

さて、本来は樹齢20数年の杉の木は切り倒してそのまま捨ててしまうことですが、
別に50年の木でもほとんど捨てます。
cuttheforest

それは、木は安く取引されるのに輸送量が高いため、売れば売るほど赤字になるからです。
50年間木を育てるにはさまざまな仕事がありますが、
ようするにその50年間の仕事の収入はゼロです。
これはそんじょそこらのワーキングプアなんてものではない。

日本の「きこり」は絶滅危惧種になりそうです。

今日はバドミントン大会です。
ペアのI田さん。全てはあなたにかかってます。
自分狙われたら終わりです。でも、1勝ぐらいしたい・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tonotonohouse.blog120.fc2.com/tb.php/16-907fee0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。